/

この記事は会員限定です

異性化糖、市中価格2%下落 原料安で3年ぶり

[有料会員限定]

清涼飲料などの甘味料に使う異性化糖の市中価格が下がった。新価格は代表品種である果糖分55%もので1キロ142.5円程度と、前月から3円(2%)安い。原料のトウモロコシ相場安を反映した。値下げは約3年ぶり。

トウモロコシの輸入価格は主産地北米の豊作で9月は4月の高値から6%下落。原料安を背景に製造コストの目安となる農水省の「平均供給価格」も10~12月期は前の四半期から3%近く下落し、清涼飲料メーカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン