/

コカウエスト、希望退職300人募集 南九州コカを吸収合併

コカ・コーラウエストは1日、最大300人の希望退職を募集すると発表した。グループの清涼飲料事業の社員約9100人が対象で、期間は12月1~20日。退職日は来年3月31日となる。人件費を圧縮し、収益改善につなげたい考えだ。

コカウエストは来年1月から順次、営業や企画などの部門を集約・再編するほか、配送や倉庫管理などはグループ外の協力会社に委託する。これに伴い、社員約650人をグループ外の協力会社に転籍させる方針。こうした業務・組織改革を機に、自ら退職を希望する社員もいると判断した。

同時に、4月に完全子会社化した南九州コカ・コーラボトリング(熊本市)を来年1月1日付で吸収合併すると発表した。

コカウエストが1日発表した2013年1~9月期の連結純利益は前年同期比3.5倍の158億円、売上高は同10%増の3272億円だった。夏の猛暑で飲料販売が好調だったうえ、南九州コカの買収も寄与した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン