2019年7月17日(水)

アプリ作成、6時間で「名人」? 素人向け講座が人気
(ネット巧者たち)

2013/11/6 7:00
保存
共有
印刷
その他

エンジニアではない人を対象にしたプログラミング教育を手掛ける「テックアカデミー」が、企業の注目を集めている。インターネットの仕組みを学びたい人向けで、受講者は営業員や人事担当者、経営者など多岐にわたる。講座内容はプログラミングやウェブデザインなどで、社員研修にも人気がある。

 ▼TechAcademy(テックアカデミー) プログラミングやウェブデザイン、サイト制作など約25種類のIT教育を提供。授業はグループと個人にわかれており、初心者から中級者までパソコンを使い実践的に教える。

キラメックスの村田雅行社長

キラメックスの村田雅行社長

「ウェブサービスの営業をしているが、プログラミングなど仕組みがわからない」と不安を抱くビジネスパーソンは意外と多い。ネットが企業に浸透して久しいが、エンジニア採用者でもなければプログラミング教育を受ける機会はほとんどない。

キラメックスの村田雅行社長(30)は「教養としてのIT教育を受けられる環境が必要」と痛感。2012年にフェイスブックで6時間1万6800円の基礎から学べるプログラミング講座を告知したところ、200人の受講があった。「需要がある」とみて同年11月にテックアカデミーを立ち上げた。

20人のグループ授業。6時間でアプリ作成など初心者でも実践的な内容が学べる

20人のグループ授業。6時間でアプリ作成など初心者でも実践的な内容が学べる

村田氏は大学卒業後、楽天に入社。サーバーの構築に携わるエンジニア教育を受けた。こうした経験を生かしながら、新しいネットサービスづくりを推し進める。

これまでにプログラミングやウェブデザイン、フォトショップなど初心者が学べる講座を開設。料金は6時間2万1000円で1クラス20人。20代後半から40代の社会人を中心に約1300人が受講した。半数は企業研修による受講という。受講したある経営者は「エンジニアの抱える案件の難易度や仕事量が理解できるようになった」という。

「ITスキルは今の時代誰にとっても必要。最初の一歩としての経験を与えたい」(村田氏)。初心者だけでなく中級以上のレベルにも対応するため10月からは個人指導も開始した。わからない時に手助けできる存在になることを目指すという。今後は講義のオンライン化を検討するなど、日本のITスキルの底上げに奮闘している。

[日経MJ2013年11月1日付]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。