/

この記事は会員限定です

大日本住友製薬、iPS再生医療に参入

[有料会員限定]

大日本住友製薬がiPS細胞を使う再生医療の実用化研究に乗り出す。理化学研究所(神戸市)が研究している、目の難病治療に使う細胞の量産技術確立を目指す。早ければ2018年にも医薬品としての承認を国に申請する方針だ。これまで産業応用向けの研究はベンチャー企業が主体だったが、資金力のある大手製薬会社の参入で実用化に弾みが付く。

実用化を目指すのは、最悪の場合、失明にも至る難病「加齢黄斑変性」の治療に使う細...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン