/

この記事は会員限定です

世界最小のタブレット用4Kパネル ジャパンディスプレイ

[有料会員限定]

中小型液晶パネル最大手のジャパンディスプレイ(東京・港)は高精細の「4K」画質で、12.1型と世界最小となる液晶パネルを開発した。2014年にタブレット(多機能携帯端末)向けの量産を目指す。薄型テレビ向けで先行する4Kパネルが、モバイル機器向けにも広がることで市場拡大に弾みがつきそうだ。

開発したパネルの1インチ当たりの画素数は365ピクセル。テレビ向けに比べて1つの画素が小さいため、パネル内部の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン