農業保護で1人2万円負担に TPPで民間試算

2013/10/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大詰めを迎えた環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、焦点となっているのがコメなど農作物の重要5項目だ。日本は関税撤廃の例外とするよう各国に求めているが、関税で日本国内の価格が高止まりし、家計に「隠れた負担」を強いていることはほとんど議論されていない。民間試算では国民1人当たり年2万円以上。来年4月の消費税率引き上げによる負担増を上回り、低所得者ほど重荷になっている。(山崎純)

海外の農業国では農…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]