2019年6月19日(水)

イオンリート、上場承認 公募・売り出し94万5000口

2013/10/17付
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所は17日、小売り大手イオンが設立母体となる不動産投資信託(REIT)、イオンリート投資法人の上場を承認した。国内外での公募で90万投資口を発行するほか、需要に応じて追加で4万5000投資口を売り出す。資金調達額は945億円程度になる見込み。上場予定日は11月22日。イオン子会社のイオン・リートマネジメント(東京・千代田)が運用する。

イオンが運営するショッピングセンター(SC)などの店舗資産を投資対象とする。当初の保有資産は国内の16店舗とマレーシアの1店舗で、総額1589億円。日本のREITとしては初めて海外の物件を組み入れる。イオンはイオンリートにSCを売却することで資金を調達し、新たな出店投資などに振り向ける考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報