製材大手のトーセン、木質ペレット生産参入

2013/10/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国産製材大手のトーセン(栃木県矢板市、東泉清寿社長)は木くずなどを原料とする木質ペレット製造に参入する。矢板市内にある本社工場と那須塩原市の工場に計6000万円を投資して設備を導入した。農業のハウス栽培では円安による原油高を受けて重油ボイラーを木質ボイラーに切り替える動きが出ている。木くずの付加価値を高めて、足元の需要の変化を取り込む。

本社第2工場と西那須野工場に製造設備をそれぞれ3000万円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]