/

この記事は会員限定です

糖尿病薬の副作用抑制 中外製薬など、体重増えにくく

[有料会員限定]

中外製薬、アステラス製薬など製薬各社は2014年中に新たな糖尿病治療薬を発売する。インスリンの分泌を促して血糖値を下げる従来薬に対し、新薬は体内の余分な糖を尿と一緒に排出して血糖値の上昇を抑える。既存薬との併用で効果を高められるうえ、体重が増加する副作用も抑えられる。国内の糖尿病患者数は増加傾向にあり、数百億円規模の大型薬となる可能性がある。

糖尿病は人体のエネルギー源のブドウ糖が筋肉などに取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません