/

この記事は会員限定です

東電元幹部ら不起訴に不服、検察審に申し立て 福島原発告訴団

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発事故を巡り、勝俣恒久前会長(73)など当時の東電幹部らを業務上過失致死傷などの容疑で告訴・告発していた「福島原発告訴団」は16日、東京地検の不起訴処分を不服として東京の検察審査会に審査を申し立てた。

告訴団は福島県民ら約1万4千人で構成。申立書によると、2002~09年の間に起きたスマトラ沖地震や中越沖地震、当時発表された専門家の論文などから、東電の元幹部らが東日本大震災以前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン