/

この記事は会員限定です

トウモロコシ安が波及、コーン油3%下落 10~12月

[有料会員限定]

トウモロコシの国際価格の下落が国内の加工製品に波及してきた。マーガリンなどの原料になるコーン油の10~12月期価格は3四半期ぶりに3%下落した。清涼飲料などに使う甘味料も値下げ交渉が本格化している。配合飼料も1年半ぶりに値下がりしており、米国の豊作が円安による輸入価格の上昇を抑えている。

日本のトウモロコシの年間輸入量は約1500万トン。飼料向けが1000万トン、甘味料などの原料になるコーンスター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン