気仙沼の高校生、ネット使い「ラー油」 資金・人材集め企画

2013/10/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネットを使ってヒト・モノ・カネを集め、新たな特産品を作る。こんなプロジェクトが東日本大震災の被災地で進んでいる。宮城県気仙沼市の高校生が企画・製造する「なまり節ラー油」だ。地元の伝統食に着目。ネットで資金を募り、プロジェクトへの協力者と製造設備もネットで集めた。地方での起業でネックになりがちな、資金と人材の不足を解決するヒントにもなりそうだ。

「気仙沼の新しい特産品として、全国の人たちに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]