/

この記事は会員限定です

カネジン食品、タイでラーメン店 現地企業と合弁で年内にも

[有料会員限定]

製麺会社のカネジン食品(札幌市)はタイでラーメン店の運営を始める。現地企業と合弁会社をつくり、年内にも1号店をタイ東北部の商業施設内に出す。タイの工場で生産する麺の需要を増やすとともに、商品開発のアンテナ店としても活用する。

タイの不動産会社から要請を受け、ラーメン店を運営する合弁会社を設立した。カネジンの出資比率は49%。専任の担当者も常駐させる。同社はシンガポールとタイで製麺工場を稼働している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン