鼻のがん、ウイルス使って治療 東大が臨床研究を開始

2013/10/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京大学医科学研究所の藤堂具紀教授らは、鼻にできたがんをウイルスを使って治療する臨床研究を始めた。がん細胞をヘルペスウイルスと呼ぶウイルスに感染させて殺す。ウイルスはがん細胞だけを破壊するように改良しており、副作用などはほとんどないという。治療によって、がん細胞に対する免疫ができ、他の場所にあるがん細胞も殺す効果が期待できる。

 治療に使うのは、がん治療用に開発したヘルペスウイルスの一種「G47デ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

ヘルペスウイルスウイルスがんがん細胞

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 14:30
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 18:00
17:00
中国 10:11
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
15:23
10:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報