/

この記事は会員限定です

日本写真印刷、曲げられるタッチパネルを台湾企業と開発

[有料会員限定]

日本写真印刷は曲げられる次世代のタッチパネルを、世界最大手の台湾・宸鴻科技(TPK)と共同で開発する。月内にもTPKの子会社に25%出資し、来春の量産を目指す。有機ELと組み合わせれば、本のように丸めて持ち運べるタブレット(多機能携帯端末)を実用化できる。現行のタッチパネルで競合する両社だが、次世代パネルの開発では手を結ぶ。

TPKと米ベンチャーのカンブリオス・テクノロジーズ(カリフォルニア州)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン