中国電、起業家支援施設を閉鎖

2013/10/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国電力は広島市中心部で運営する起業家支援施設を2014年6月末で閉鎖する。01年6月に旧独身寮を改装して地域経済活性化に生かす事業として手掛けてきたが、老朽化が進み、維持費を入居者からの賃料などで賄えず赤字が続いていた。本業と関連の薄い事業から撤退し、原子力発電所の稼働停止に伴う収益悪化を少しでも食い止めたい考え。

「SOHO国泰寺倶楽部」として運営し、現在18のベンチャー企業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]