2019年9月18日(水)

野菜の高値長引く 天候不順、ピーマンは2倍に

2013/10/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

野菜の高値が長期化している。東京の卸売市場では現在、ピーマンの卸価格が前年同時期に比べ2倍強。キュウリやジャガイモなども高い。スーパーなどの店頭価格も同1~3割高い水準だ。天候不順で産地の切り替えがうまく進んでいない。天候不順で野菜が軒並み上昇した2011年夏は1カ月で収束したが、今回の野菜高は3カ月近くに及んでいる。

東京・大田市場で現在、ピーマンの卸値(相対取引・中値)は150グラム70円強…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。