/

北陸新幹線、金沢-富山間でシャトル運行

西日本旅客鉄道(JR西日本)と東日本旅客鉄道(JR東日本)は2日、2015年春開業予定の北陸新幹線に4種類の列車を設けると発表した。金沢駅と富山駅を往復する「シャトル列車」を1時間ごとに走らせる。新幹線開業後、両駅間を走っている在来線特急は原則、廃止になる予定。シャトル列車の運行で関西や名古屋方面から富山へ向かう顧客の利便性を確保するほか、石川と富山を行き来するビジネスマンや買い物客の需要を取り込む。

JR西日本の真鍋精志社長が同日、富山県の石井隆一知事、石川県の谷本正憲知事をそれぞれの県庁に訪ね、概要を説明した。

シャトル列車以外では東京と金沢を約2時間30分で結ぶ「速達型」、停車駅が多い「停車型」、現在の長野新幹線と同様に東京と長野を往復する列車を設ける。

シャトル列車は在来線特急で約40分かかっている金沢―富山間を20分前後で結ぶ。両駅間にある新高岡駅に停車するかどうかは「決まっていない」(JR西日本)という。

シャトル列車の車両は東京行きと同様に12両編成を使う予定。短距離にある駅を往復する新幹線の例では山陽新幹線の小倉(福岡県)―博多(同)がある程度で、全国でも数は少ない。

金沢―富山間では現在、大阪からの「サンダーバード」15往復、名古屋方面からの「しらさぎ」8往復など、40往復を超える特急が走る。JR西は新幹線開業後、特急を廃止して旅客を新幹線に誘導する考え。関西や名古屋と富山を行き来する場合、金沢駅で乗り換える必要があり、不便になるといわれていた。

シャトル列車は、サンダーバードやしらさぎとの乗り継ぎに配慮したダイヤになるもよう。富山と大阪・名古屋間の料金は新幹線を利用するため高くなる可能性があるが、真鍋社長は「企画切符(を設定する)などで工夫したい」と述べ、何らかの割引措置を検討する姿勢を示した。

シャトル列車の設定には、金沢―富山間の移動需要を取り込む狙いもある。

通勤やビジネス、買い物で行き来する顧客は特急がなくなると、バスに流れる可能性がある。富山県からの買い物客も多い金沢市内の商業施設の関係者は「料金をなるべく抑え、買い物金額に影響が出ないようにしてほしい」と話す。

シャトル列車について石川県の谷本知事は「北陸との経済的つながりを深めたいJR西日本の姿勢の表れ」、富山県の石井知事は「大阪や名古屋に行く人の利便性が高まる」と評価した。

一方、石井知事はシャトル列車の乗客が増えると同区間を走る並行在来線会社の経営が苦しくなる可能性があると指摘。「経営計画を見直す必要があるかもしれない」と話した。

高岡市は新高岡駅のシャトル列車停車に期待を寄せる。高橋正樹市長は「新高岡駅の利便性が向上するよう、県と連携してJR各社に働きかけたい」とのコメントを出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン