俺がやらずに誰がやる 農業再興の旗手(ルポ迫真)

2013/10/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の農業の未来の可能性を示す農場が千葉県柏市にある。市の北を流れる利根川沿いに、長さ3.5キロメートル。広さは108ヘクタールと、日本の耕地の平均の50倍に達する。

この広大な農地を農場主の染谷茂(64)が車で案内してくれた。東の端から出発してすぐの田んぼを指し「これはゼンショーとの契約水田」。農協や市場を通さず、大手外食や食品会社にじかに売る契約栽培は、作物を大量に安くつくる大規模経営の特権…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]