2019年1月22日(火)

十六銀行頭取交代、「クーデターではない」村瀬新頭取

2013/9/27付
保存
共有
印刷
その他

十六銀行は26日、同日付で堀江博海頭取(65)が取締役顧問に退き、村瀬幸雄専務(56)が頭取に就いたと発表した。同日午前の取締役会で堀江氏が辞意を突然表明したため、村瀬氏への交代が緊急提案され、全会一致で決議した。堀江氏は岐阜商工会議所会頭など経済界の活動に専念する。

同日夕に十六銀が本店(岐阜市)で開いた記者会見の冒頭、村瀬・新頭取は「(昨年9月の)岐阜銀行との合併から1年を機に、頭取を退きたいと(堀江氏から)申し入れがあった」と説明。「突然で戸惑っているが、指名を受けた以上しっかりやりたい」と述べた。

質疑応答では、交代の経緯を巡り質問が相次いだ。堀江氏は「事前に就任を打診をするのではなく、突然交代するのも一つの哲学」と語り、「村瀬頭取は私の考えを最も理解している。若い人に道を譲りたい」と答えた。

退任は「今年3月ごろから」考え始めたといい、「岐阜銀との合併が完了し、やるべきことをなし遂げた」と話した。取締役顧問に退いた理由については「会長などにとどまると、新頭取がかじを取りにくい」とした。

村瀬頭取は「(堀江氏は)いろいろなサプライズをする人だったが、今回が最大のサプライズ」と表現。「荷は重いが、お客様のための銀行という原点に戻って経営戦略を進める」と訴えた。

35分ほどの記者会見の後、記者団が囲み取締役会の経緯について改めて説明を求めると、村瀬頭取は「交代はあくまで堀江氏の意思。(他の取締役から)色々意見は出たが、クーデターなどではない」と強調した。村瀬頭取によると、10件ほどあった議案報告の途中で堀江氏が辞意を表明、村瀬氏が議長を代行して頭取交代を決議した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報