/

ダイエー、札幌に総菜強化店 イオン流ノウハウ採用

ダイエーは26日、札幌市東区の栄町店を新装開店した。総菜の量り売りコーナーなどイオンの販売ノウハウを取り入れた売り場を新設、総菜売り場を拡大した。手軽に食べられる「中食」需要が増えていることに対応する。今後、道内の他店舗の改装でも総菜売り場の拡充を進める。

総菜などの売り場は改装前の1.7倍の約460平方メートルに拡大。冷凍食品売り場は2.2倍の約170平方メートルに広げた。取扱商品は約1.5倍の1500品目に増やした。イオングループのプライベートブランド(PB=自主企画)の品ぞろえを強化し、解凍するだけで食べられる調理済みPB商品は60品目を用意した。

道産食材の品ぞろえを重視し、道産ワインや道産小麦を使った焼きたてパンなどを充実した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン