/

「沖縄シークヮーサー」、地域団体商標に出願

沖縄県農業協同組合(JAおきなわ)は24日、地名と商品名を組み合わせてブランドとして活用する「地域団体商標」に「沖縄シークヮーサー」を加工業者などと共同で出願したと発表した。地域ブランドを確立させ、外国産のかんきつ類などに対する競争力を高めるのが狙いだ。

JAおきなわとシークヮーサー加工業者などでつくる沖縄県地域ブランド事業協同組合が特許庁に出願した。審査には半年~1年程度かかる見通し。JAおきなわは、地域団体商標として登録されれば地元の生産・加工業者を保護できるうえ、シークヮーサーの出荷価格の安定にもつなげられるとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン