演算処理装置を立体回路に 慶大など実用化目指す

2013/9/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

慶応義塾大学の天野英晴教授や黒田忠広教授らは、プロセッサー(演算処理装置)を立体回路にすることに成功した。安定して連続動作しており実用化に道が開けた。メモリーでは立体回路が実用段階だが、回路が複雑なプロセッサーでは初めてという。企業に働き掛けて実用化を目指す。

芝浦工業大学や電気通信大学、東京大学、東京農工大学も参加した。

コンピューターの心臓部となるCPU(中央演算処理装置)などを載せた基板を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]