鳥取県、東京のレストランでブランド和牛PR

2013/9/21付
保存
共有
印刷
その他

鳥取県は21日から10月17日にかけて、有名シェフの山本秀正氏がプロデュースする東京の複数のレストランで、同県産のブランド牛「鳥取和牛オレイン55」を使った料理フェアを開く。良質な脂肪のオレイン酸を55%以上含み、やわらかく口溶けが良い特産牛を人気店でPRし、首都圏での知名度を高める。

21~27日に「セストセンソ アッカ」(渋谷ヒカリエ内)、10月4日に「セストセンソ」(新宿高島屋内)、10月11~17日に「カステルモーラ」(羽田空港第2旅客ターミナルビル内)の各店で実施する。

ミラネーゼ(ミラノ風カツレツ)、ローストビーフを乗せたピザ、肉とイタリア産チーズを挟んだパニーニなど、山本シェフが監修したオレイン55を使うオリジナルメニューを提供する。

山本シェフは米国のレーガン、ブッシュ、クリントン各大統領の就任晩さん会で総料理長を務めたことで知られる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]