道内路線バス、更新投資を強化

2013/9/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

道内の路線バス大手が車両更新にかける投資額を増やす。ジェイ・アール北海道バス(札幌市)は2013年度に例年より6割多い8億円を投じ、最大手の北海道中央バスは14年度に増額を見込む。古くなった車両の更新には新車と中古車を併用してきたが、全国で中古車が不足し、新車の購入を迫られている。補修を重ねて運行年数を延ばす動きも広がりそうだ。

道内の路線バスは20年程度を目安に更新する。すべてを新車で切り替え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]