/

三重・松阪に国内最大級の植物工場 辻製油などミニトマト生産

辻製油(三重県松阪市)と浅井農園(津市)、三井物産は19日、国内最大級の植物工場を松阪市に建設し、ミニトマトの生産を始めると発表した。近接する工場の廃熱を使うなどして生産コストを低減。温度などを細かく制御して単位面積あたり収穫量を高め、国内平均の3倍を目指す。

3社が共同出資で植物工場の運営会社、うれし野アグリ(松阪市)を設立した。資本金は7千万円。出資比率は辻製油が65%、浅井農園が20%、三井物産が15%。栽培面積が約2万平方メートルのガラス製ハウスを建設し、年間500トンの生産を見込む。総事業費は約7億円。

ハウスから約150メートルの辻製油の工場が出す廃熱を活用し、燃料コストを7~8割減らす。収穫量の目標は1千平方メートルあたり25トンで、国内平均の3倍にあたるという。

来年夏に食味の評価が高い新品種のミニトマトの苗を植え、秋に初出荷する計画。浅井農園や三井物産の販売網を通じ全国の百貨店や高級スーパーに取り扱いを働き掛ける。規格外品は辻製油が加工品の原料にする。

浅井農園の浅井雄一郎社長は「海外展開も検討したい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン