/

ハローズ、PB300品目で価格据え置き 来年1月まで

食品スーパー大手のハローズは17日、同社のプライベートブランド(PB=自主企画)商品の300品目で価格据え置きを訴える販促キャンペーンを始めた。来年1月まで実施する。円安や原材料費の高騰などを背景に食品メーカーの値上げが相次ぐ中、値ごろ感を打ち出して集客強化につなげる。収益力が高いPB商品の拡販も狙う。

価格を据え置くのはPB「ハローズセレクション」の3分の1強に当たる品目で食料品が中心。来年1月10日までの約4カ月間、現在の店頭価格を維持する。

価格は食パン(5~6枚切り)が88円、しょうゆ(1リットル)が138円、ペットボトル入りの緑茶(500ミリリットル)が58円など。中四国で展開する全58店で実施する。

ハローズの売上高に占めるPBの比率は2013年2月期で8%だったが、中長期でこれを10%まで引き上げたい考え。「原料費が高騰する中でも消費者に低価格戦略を印象づけ、PB商品を底上げしたい」(経営企画室)と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン