2019年2月20日(水)

ラーメンの一蘭、福岡・中洲に屋台風の店舗

2013/9/18付
保存
共有
印刷
その他

顔を合わせないラーメン店が"屋台"を出店――。とんこつラーメン店を運営する一蘭(福岡市、吉冨学社長)は17日、福岡市の歓楽街、中洲に屋台風の店舗を開くと発表した。本社兼本店のビル1階を改装し、11月7日にオープンする。

新店舗「一蘭屋台」=写真はイメージ図=は土産物売り場を含めた店舗面積が65平方メートルで、24時間営業する。メニューはラーメンのほか、酒のつまみとして既存店にはない豚の串焼きも提供する。

一蘭の店舗はカウンター席をついたてで仕切り、客が食事に集中できる造りが特徴。福岡県内のほか首都圏などにも進出し、約45店を展開している。今回、福岡市の観光資源とされ、酒を飲みながら会話などを楽しめる屋台を意識した店舗を出す。担当者は「これまでは福岡のラーメンそのものを普及させることに力を入れてきたが、今後は福岡の文化も伝えていきたい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報