/

インフォデックス、徳島にソフト開発拠点 県の誘致受け

IT企業を誘致する徳島県のサテライトオフィス事業で、ソフト開発のインフォデックス(東京・港)は10月1日、徳島市に同オフィスを開設する。首都圏では難しい若手のソフト開発技術者などの人材確保が狙い。全国有数のブロードバンド環境のなか、県の誘致企業は同社で18社目となる。

サテライトオフィスは本社の開発業務の一部を分担するほか、12月1日に同オフィスに開設する人事管理支援ソフトのサポートセンターの業務を担当する。

四国大学の情報系の学部に通っている学生のアルバイトを2人採用、本社から派遣した技術者によるプログラム実習を始めた。今後、社員への登用につなげたい考え。

1年後にアルバイト、社員の合計で約10人の地元雇用を見込む。徳島市などに在住するフリーの技術者にも同オフィスに常駐してもらい、開発業務や学生への実習を委託する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン