/

この記事は会員限定です

イセ食品、中国最大の養鶏場 合弁で400億円投資

[有料会員限定]

鶏卵生産で国内最大手のイセ食品(埼玉県鴻巣市)は中国で最大となる養鶏場を建設する。中国企業と年内にも合弁会社を設立、2014年にも約240万羽の採卵鶏を飼育し、鶏卵の生産・販売を始める。5年後には900万羽に増やす計画で、投資額は400億円前後になる見込み。食の安全に配慮した鶏卵を富裕層らが利用する上海の小売店などに供給する。

合弁相手は中国食品大手の光明食品(上海市)で、資本金は約26億円。出資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン