/

この記事は会員限定です

羽田の国際線着陸料下げ 五輪にらみ訪日客拡大

[有料会員限定]

国土交通省は2014年度から羽田空港の国際線着陸料を引き下げる検討に入った。発着枠に余裕がある深夜帯の着陸料が対象で、新たな路線を就航させたり増便したりする場合、航空会社が負担する着陸料を3年間にわたり年20~50%引き下げる。値下げを呼び水に国際路線を誘致する。20年開催の東京五輪もにらみ、羽田の利便性を高めて訪日客拡大につなげる。

国交省は着陸料の軽減措置導入に向け、財務省との調整に入った。対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン