/

この記事は会員限定です

北陸3県、自治体はキャンプ招致目指す 東京五輪決定で

[有料会員限定]

2020年の夏季五輪の開催地が東京に決まり、北陸3県でも波及効果に期待が高まっている。石川県や富山県は北陸新幹線で東京と2時間半以内で結ばれる利便性を生かし、競技前のキャンプ地として各国に売り込む方向。競技施設に使う建材、スポーツ衣料を手掛ける企業は特需の発生を待ち望む。開催までの7年間、五輪関連のビジネス機会を探る動きが北陸でも活発化しそうだ。

「五輪のキャンプ誘致を考えたい」。石川県の谷本正憲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン