/

この記事は会員限定です

長野の食品会社、農家高齢化で原料確保に注力

[有料会員限定]

県内の食品加工会社が地元産原材料の確保に奔走している。ワインメーカーのアルプス(塩尻市)は自社のブドウ農場を拡大、ワサビ加工のマル井(安曇野市)は組合設立を支援して地元生産を増やす取り組みを始めた。農家の高齢化などを背景に、大手メーカーとの調達競争は激化している。原料確保の重要性が高まる中、企業と農業とのかかわり方も変化している。

20ヘクタールのブドウ畑

中信地域を流れる奈良井川からほど近い塩尻市のブドウ農園。9月中旬か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン