近畿の自治体、自転車と共存する街へ整備促進

2013/9/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

近畿の自治体が自転車を使いやすい街づくりに相次ぎ取り組んでいる。車道の脇に自転車レーンを設置するほか、民間の力を活用した駐輪場の整備などを進める。ガソリン代が要らない経済性の高さなどを背景に自転車の利用は増えているが、歩行者との接触事故も増加傾向にある。放置自転車も悩みの種だ。利用環境を整えることで安全確保と便利さの両立を目指す。

大阪市は10日までに、市内で初めての自転車レーンを中央区の本町通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]