2018年8月16日(木)

訪問看護などのミレニア、認知症の可能性を電話で検査

2013/9/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 訪問看護などを手掛けるミレニア(東京・中央)は、認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)かどうかを電話で検査できるサービスを月内にも始める。米で約50万人の実績があり、国内ではまず年間1万人の検査を目指す。

 電話でオペレーターが話した10個の単語を覚えて、一定時間後に答えさせるテストを実施する。10分間程度で認知機能の水準を調べられ、結果は郵送で通知される。覚えていた単語数や、答える…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報