/

この記事は会員限定です

内藤鋼業、木質ペレットを増産 農業ボイラー向け

[有料会員限定]

バイオマス(生物資源)燃料を製造する内藤鋼業(愛媛県内子町)は、木くずなどを原料とする木質ペレットを増産する。同町内にある工場設備を一部大型化し、生産能力を従来の1.7倍に高めた。昨年末以降の円安もあり原油の高止まりが続き、農業ハウスで使う灯油や重油のボイラーを、木質ボイラーに切り替える動きが出ていることに対応する。生産量を増やし事業拡大を目指す。

同社の内子町の工場では間伐材を砕いて乾燥し、木...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン