/

この記事は会員限定です

都の防災計画目標、首都直下地震対策8合目に

住宅耐震化や帰宅困難者の安全 住民・企業の協力課題

[有料会員限定]

9月1日で関東大震災から90年。東京都は首都直下地震に備えて防災対策を進めている。現行の地域防災計画(2012年11月に修正)で定めた目標のうち、住宅の耐震化など3つの主要項目を点検すると、現状は目標値の約8割の水準に達していることがわかった。目標達成に向け着実なスタートを切ったといえるが、都民や企業に負担を求める内容も含まれるだけに、今後も都のもくろみ通り対策が進むかどうかは不透明な部分が残る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン