/

この記事は会員限定です

包装・梱包資材の素材価格が上昇 飲料大手、コスト減急ぐ

[有料会員限定]

飲料や食品では商品原価のうち容器コストが占める比率は小さくない。「容器代が飲料の小売価格の2割前後を占める」との指摘もあり、資材価格の高騰が続く中、コストが削減できれば経営の負担は軽くなる。

包装や梱包に使う資材は原油高などを背景に軒並み値上がりしている。食品トレーに使われるポリスチレンの国内価格は足元は1キロあたり240円前後。原油高で価格が高騰した2008年より高い水準だ。直近でも2月ごろに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません