/

この記事は会員限定です

次世代加速器の候補地決定、日本企業に商機 建設や装置製造で

[有料会員限定]

宇宙の謎解明を狙う次世代の巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」計画を推進する科学者組織は23日、国内建設候補地を北上山地(岩手・宮城両県)に決めたと発表した。建設が実現すれば日本企業に大きなビジネスチャンスとなる。

ILCは全長約30~50キロメートルにおよぶ地下トンネル内で電子などを光速近くに加速して衝突させる国際共同の大型実験施設。物の質量(重さ)の起源とされる素粒子のヒッグス粒子など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン