/

この記事は会員限定です

全日空「沖縄貨物ハブ」上昇気流 国内外で路線拡充

[有料会員限定]

全日本空輸が那覇空港に設けた国際物流基地「沖縄貨物ハブ」が軌道に乗ってきた。2009年の稼働から3年半あまりが経過し、ヤマトホールディングス(HD)が沖縄ハブを利用した国際宅配便事業を始めるなど、企業も熱い視線を寄せる。全日空は来年にかけて就航地を現在の国内外8都市から3~4カ所増やし、路線網を初めて拡充する。沖縄県も物流施設の整備を進め、企業の誘致に弾みをつける考えだ。

「あの光じゃないか?」「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン