/

国会周辺の道路標識、ローマ字から英語に変更

国と東京都は国会議事堂(東京・千代田)周辺で、道路標識をローマ字から英語表記に変える。これまでは交差点の「国会前」は漢字に「Kokkai」の文字を併記していたが、「The National Diet」に変更する。観光やビジネスに訪れた外国人に分かりやすくする狙い。20日に工事を始め、年内をめどに11種類の標識を交換する。

このほか「――通り」を「――dori」から「――dori Ave.」に変える。道路そばにある区の地図看板や東京メトロの駅内の地図も併せて更新する。

国土交通省によると、道路や交差点名は日本語の音をそのままローマ字表記するのが基本で、「river」や「park」などの簡単な英語に限定して英単語を使っている。国は今後、観光地を中心に名称変更に取り組んでいく方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン