世界で消えるミツバチ 農薬原因説、欧州は規制

(1/2ページ)
2013/8/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 大量のミツバチがこつぜんと消える不気味な現象が世界各地で起きている。国内でも疑わしい事例が確認され、蜂蜜の生産だけでなく、ハチに頼っている野菜や果物の受粉にも支障を来す。原因はわからず、ウイルス説やダニ説、電磁波説まで取り沙汰されたなか、広く使われるようになった農薬「ネオニコチノイド」が要因とする見方が浮上してきた。

 山形県東部を移動しながら蜂蜜を生産する千葉県の養蜂業者は最近、巣に帰ったミツバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

ネオニコチノイドミツバチジノテフラン

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 23日 21:30
23日 7:05
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
23日 22:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報