文科省、先端研究の実用化加速 専従担当者が支援

2013/8/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文部科学省は成長戦略の柱となる科学技術イノベーションを推進するため、大学などの先端研究を加速する新たな支援プログラムを創設する。支援方法に責任を持つプログラムマネジャーをほぼ専従で充てる。すでに支援中の研究のうちリスク判断の難しい研究について、市場動向を踏まえた新たな研究計画を作る。知的財産権の譲渡などを通じて実用化を急ぐ。

新プログラム「ACCEL(アクセル)」は科学技術振興機構(JST)に創…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]