2019年2月17日(日)

沖縄ファミマが県内で小型雑貨店 9月、百貨店リウボウに出店

2013/8/12付
保存
共有
印刷
その他

沖縄ファミリーマート(那覇市、大城健一社長)は12日、スタイリングライフ・ホールディングス(東京・新宿、遠藤育雄社長)と提携し、沖縄県内で小型雑貨店「ミニプラ」を展開すると発表した。9月に百貨店のリウボウに同県内1号店を出店し、今後は4~5店程度に拡大する方針だ。

ミニプラの1号店は9月27日、リウボウの2階に開業する。売り場面積は約180平方メートル、取扱商品は5000点程度。年間売上高は1億5000万円を見込む。

沖縄ファミリーマートはミニプラの運営を通じ、若い女性向けの売り場づくりや商品の仕入れノウハウを蓄積。コンビニエンスストア「ファミリーマート」の商品開発・調達などにも生かす。

同社は今後、ショッピングセンター(SC)などを中心に、ミニプラを4~5店ほど展開する方針だ。リウボウを運営し、沖縄ファミリーマートのグループ会社であるリウボウインダストリー(那覇市)は「まず1号店で売り上げ実績を上げ、今後の多店舗展開につなげたい」(糸数剛一社長)としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報