2018年8月15日(水)

文科省、低軌道の情報収集衛星 解像度2倍以上に

2013/8/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 文部科学省は2014年度から、地球近くの低軌道を飛び地上を詳しく観察する新型衛星を開発する方針だ。解像度は従来の情報収集衛星の2倍以上で、20~30センチ程度の物体を見分けられる。試験衛星を16年度に打ち上げ、地上施設や不審船の監視などに使えるか確かめる。防衛省とも連携して安全保障に役立てる。

 衛星は通常、地上から450~700キロを飛んでいる。新型衛星は高度180~250キロまで地球に近づく。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報