/

この記事は会員限定です

良品計画、グローバル化へ商品見直し 包装など

[有料会員限定]

「無印良品」を展開する良品計画は海外出店の加速に伴い、独自商品の仕様を見直す。これまで日本の消費者を主に想定していた包装や商品内容を改め、世界共通で販売しやすい食品や化粧品の開発に取り組む。同社は2021年にも海外の店舗数が国内を上回る見通しで、商品もグローバル対応を急ぐ。

包装では、菓子や飲料などの食品のパッケージに印刷している円の価格表示を14年夏までに廃止する。まず今秋発売のレトルトカレーや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン