/

この記事は会員限定です

印刷用紙、アジアで下落 夏場の不需要期入りで

[有料会員限定]

印刷用紙の取引価格がアジアで下落している。上質塗工紙の香港市場での取引価格は1トン730~760ドル前後で前月比約13ドル(2%)下がった。下落は約8カ月ぶりだ。上質紙も830~850ドル前後で約10ドル(1%)下がった。昨年末ごろから上昇傾向が続いていたアジアの印刷用紙の市況に一服感が出た。

春の教科書向けやクリスマス向けの書籍の需要から外れた夏場に入り日本など各国の買い付けが鈍った。売り手の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン