2019年6月24日(月)

埼玉県坂戸市、全公用車にドライブレコーダー設置

2013/8/5付
保存
共有
印刷
その他

埼玉県坂戸市はライトバン型の白塗りの業務用車など約100台の全公用車に、ドライブレコーダーを設置した。市の業務で走る公用車が交通事故や犯罪などの画像情報を記録することで、地域の防犯に役立てる狙い。県内市町村で全公用車にドライブレコーダーを設置するのは初めてという。

設置費用は約90万円。車の前方の画像を約28時間分、上書きし続けながら録画する。西入間警察署の要請を受け、導入を決めた。市は「市内を走る公用車が防犯カメラのような役割を果たすのと同時に、職員の車の運転の安全向上につながる」(管財課)と説明する。

録画された画像を警察当局に提出するような事例は現時点ではないという。市は資源ごみの持ち去り対策などにも効果があるとみている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報