2019年7月18日(木)

墓を引っ越し身近で守る 「改葬」の費用と手続き

(3/4ページ)
2013/8/10 7:00
保存
共有
印刷
その他

改葬許可申請書は自治体のホームページや郵送で入手できることが多い。申請書には本人だけでなく、故人が埋葬されていることを証明する情報が必要になる。自治体によって必要な情報や書類が違うので、気を付けたい。

手続きにめどが付けば、実際の作業に着手できる。元の墓から遺骨を取り出して運び、新しい墓に納骨する。遺骨を取り出したり、納めたりする際には、儀式が必要なことが多い。仏教の場合は「閉眼法要」「開眼法要」などと呼ばれるものだ。墓の管理者と相談しよう。遺骨を取り出した墓は使用者が更地に戻す責任があるので、石材店に依頼し工事をしてもらう。

様々な手続きが必要な改葬だが、一体いくらかかるのだろう。供養・仏事関係の調査・相談業務などを手掛ける鎌倉新書(東京・中央)によると、改葬費用の相場は230万~330万円。ただし費用が発生する項目が多く「ケースによって、かなりばらつきがある」(同社)という。

まず金額の中で大きいのが墓石の代金や永代使用料など新しい墓に関するもの。全国平均で200万円程度ともいわれるが、墓の運営者や地域、形態などによって幅は広い。改葬で元の墓石を引き続き使うと、墓石の運搬費なども発生する。これも距離や大きさなどで金額は変わる。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

葬儀や墓のノウハウ マネーの記事で学ぶ

ライフから

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。