2018年8月17日(金)

樹脂製タイヤチューブの重さ半分に デファクトスタイル

2013/8/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 健康器具卸のデファクトスタイル(千葉市、伊沢光輝社長)は自転車用の軽量の樹脂製タイヤチューブを開発した。内部に空気の代わりに樹脂を詰めて弾力を保つタイプで、重量は従来の発泡性樹脂を詰めたチューブの半分程度。耐久性向上などを進め、今年末から自転車メーカーや自転車販売店に売り込む。

 新製品は「エバーチューブ」。内部は繊維状の樹脂がインスタントラーメンのように絡み合った構造をしている。重さは自転車1台…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報